いつまでも健やかに、いつまでもゆったりと、いつまでも充実した毎日を・・・

一時介護室へ移る場合(一時介護室の用意がないホームもあります)

判断基準・手続について (その内容)退院後や日常生活上で一時的に介護を要する場合など。

【手続】
1.事業者の指定する医師の意見を聴く。
2.入居者の意思を確認する。
3.入居者の身元引受人等の意見を聴く

・追加的費用の有無 なし

・居室利用権の取扱い (その内容)一時的に利用する共用施設であり、居室の利用権に変更はありません。 居室は従来どおりいつでも利用が可能となるので、住み替えではありません。

・入居一時金償却の調整の有無 なし

・従前の居室からの面積の増減の有無 あり

・従前居室との仕様の変更 あり (便所・浴室・洗面所・台所・その他の変更の有無)

(その内容)室内全体の仕様が異なります。

※一時的に利用する共用施設であり、居室の利用権に変更はありません。居室は従来どおりいつでも利用が可能となるので、
 住み替えではありません。また、新たな追加費用はありません。

介護居室へ移る場合(介護専用居室を有しないホームもあります)

判断基準・手続について (その内容)適切な介護等を提供する為に必要と判断する場合は、一般居室から介護居室へ住み替えて頂くことがあります。その場合、上記、一時介護室へ移る場合の手続に加え以下の手続を行います。

【手続】
1.緊急やむを得ない場合を除いて一定の観察期間を設ける。
2.住み替え後の居室及び介護等の内容、権利の変動、占有面積の変更に伴う費用負担の増減等について入居者及び身元引受人等に説明を行う。
3.入居者の同意を得る。

・追加的費用の有無 あり(居室面積減少の場合は返還もあり)

・居室利用権の取扱い (その内容)当初入居した居室から住み替えの居室に利用権が移動します。

・入居一時金償却の調整の有無 あり

・従前の居室からの面積の増減の有無 あり

・従前居室との仕様の変更 あり (便所・浴室・洗面所・台所・その他の変更の有無)

(その内容)一般居室から介護居室への住み替えの場合は室内全体の仕様が異なる。

※当初入居した居室から住み替えの居室に利用権が移動します。
 この場合、居室占有面積の増減を伴う場合は入居一時金の調整を行います。

その他

判断基準・手続について (その内容)適切な介護等を提供する為に必要と判断する場合は、当法人が運営する他の敬老園へ住み替えていただくことがあります。
※その場合、上記、一時介護室へ移る場合の手続きに加え、以下の手続きを行います。

【手続】
1.緊急やむを得ない場合を除いて一定の観察期間を設ける。
2.住み替え後の居室及び介護等の内容、権利の変動、占有面積の変更に伴う費用負担の増減等について
 入居者及び身元引受人等に説明を行う。
3.入居者の同意を得る。

・追加的費用の有無 あり(居室面積減少の場合は返還もあり)

・居室利用権の取扱い (その内容)当初入居した居室から住み替えの居室に利用権が移動します。

・入居一時金償却の調整の有無 あり

・従前の居室からの面積の増減の有無 あり

・従前居室との仕様の変更 あり (便所・浴室・洗面所・台所・その他の変更の有無)

(その内容)当法人が経営する他の敬老園へ住み替えを行なった場合、又は同一ホーム内で他の居室へ住み替えた場合等は、室内全体の仕様が異なることもあります。費用としては、介護保険給付以外のサービスに要する費用、管理費、食費、その他の費用等変更する場合があります。又要介護者等の場合には、介護保険給付の自己負担額が異なる場合もあります。

※当初入居した居室から住み替えの居室に利用権が移動します。
 この場合、居室の占有面積の増減を伴う場合は入居一時金の調整を行います。

資料請求・体験入居 お申込フォームへ

PAGE TOP